コストを抑えたジェネリック | 男性なら治さないといけません。EDをしっかり治していきましょう
menu

コストを抑えたジェネリック

ボトルに入っている白い錠剤

ED治療薬に限ったことではありませんが、今は医薬品がジェネリック医薬品として販売されているようになっているのです。
このジェネリック医薬品という言葉は聞いたことがあっても、具体的には何か知らないような人もいますよね。
まずは簡単に説明をしていきましょう。ジェネリック医薬品というのは、海外の製薬会社がすでに完成させている医薬品を日本の製薬会社が日本人の患者のために見た目などをちょっとだけ改良し、販売している医薬品のことをいいます。
でも、なぜ日本の製薬会社は開発して、販売をしないのか不思議に感じますよね。それは、一つの医薬品を販売ができるまで仕上げるのは莫大な時間と経費が必要になるからです。開発を行なうための材料、施設、機会、人材などを用意しないといけませんし、それが一年や二年では済みません。
最低でも、約10年は必要ということになります。この10年の間にかかる経費は全部で数十億以上といわれます。
しかも、必ず完成するという保証もありません。こんな余裕はどこの会社にもないのです。また、仮に成功して販売を行なっても、高額で販売するので誰も購入しません。元を取ることができないのです。それなら、ジェネリック医薬品として販売したほうが会社もお客さんも経済的に助かるというものです。このジェネリック医薬品はこれからもどんどん増えていくことは間違いありません。